反響するビジネスとは

変化するビジネスと変化する繋がり

過去から現在に至るまで、ビジネスは様々なかたちに、また在り方を変えてきています。
例えば一昔前までの話をすると、農業や漁業が主流でその得たものを販売するというかたちが基本でした。
しかし現代では通信機器が非常に発達しており、ビジネスも通信で、また遠方でも行えるようになっています。

そして、通信機器の発達により人々は直接会って会話する回数が減り、相手と交流を深めるという機会が激減しています。
そのために最近では、若者が会社での飲み会に参加しないなどの不満も上がってきています。
若者からすると、飲み会というものは目上の人たちの話を聞き、常に気を配っていなければならないという退屈なものにしか感じられないようです。
しかし、飲み会に行くことにより、後々ビジネスをスムーズに進められるという利点もあります。
お互いより良いビジネスを行うためにも、会社側は若者が行きたくなるような雰囲気つくりを、若者側は自ら飲み会に参加する積極性を、変化するビジネスのように人も考え方を変えるべきかもしれません。